【断捨離の判断基準2】年齢に合わなくなった服はさよなら

「お洒落上手への近道は、沢山の服を持ちすぎない事」

そして、「クローゼットには隙間が大切」

ということをおすすめしてきました。

では、実際、手持ちの服を整理して、コーディネートしやすくするにはどうしたらいいでしょう。

それを、今回はお話したいと思います。

 

大きなくくりで言うと、「自分に自信が持てない服は断捨離しましょう」です。

具体的な判断基準があると作業がしやすいと思うので、詳しくお話ししますね。

まずは、「年齢に合わなくなった服」は、処分してもいいと思います。

私も以前捨てられなかったのが、柄が気に入っているスカート。

大体プリントのスカートは柄が気に入って買うので、

形が合わなくなってもなかなか手放せなくて、でも、着るかといったら何年も着ていない。。。

「たまには着ようかな」と、何度か鏡の前でスカートを当ててみましたが、

「うーん、丈が短すぎて、若作り感が~汗」

こんな経験、皆さんもありませんか?

 

好きだから年齢関係なく着る!という方もいらっしゃるかもしれませんが、

お洒落というのは、自分に自信を持つための手段でもあるので、

裏を返せば、人からどう見えているか意識する事も、とても大切だと思うんです。

私もうっかり、好きだから着てしまって、娘に「ママ、それはちょっと・・・」

と指摘されたこともありましたw

判断が難しい場合は、家族や友人にダメ出ししてもらうというのもいいと思います。

そうしたら、すっきり諦めがつきます(笑)

何年も着てない服とじっくり向き合って、

もう、復活の可能性がないものは、思い切って処分しましょう!

 

次回は、「流行り終了服は処分」です。

良かったらお時間あるとき、まだブログのぞいて下さいね^^