お気に入りこそできちゃう毛玉の撃退法

こんにちは、Fumikoです。

今年は暖冬だけど、ようやく福井も寒さが増してきました。

こう寒くなると、暖かいふんわりニットが大活躍ですが、

今日はこれを着ていこうかな、と手に取ると、

「なんじゃこれー!ヒドイ!!」ってなる時ありませんか?

そう、「なんじゃこれ」の正体は毛玉さん。

着ていると知らぬ間に現れる、悪いヤツです。

私はこうなると、大好きだったニットでも、

途端に着たくなくなります。

そんな時は、『まとめてお手入れコーナー』に移します。

まとめてお手入れコーナーとは、

ボタンが取れそう!とか

ひっかけちゃって糸がびろ~んと出ちゃってるとか、

シワになっててアイロンかけたいなとか、

何かお手入れをすれば、着られる服を置いておくコーナーのこと。

いつかやろうと思っても、そのままにしているとすぐに忘れちゃうんです。

なので、まとめてお手入れコーナーにひとまず置いておいて、

週末など、時間がある時まとめてお手入れしちゃいます。

冬よくあるのは、やっぱり毛玉とり。

ちなみに、夏はアイロンが多い。

涼しい素材って、アイロンが必要なものが多いので。

前置きが長くなりましたが・・・(笑)

私が考えてあみ出した、毛玉撃退方法をお伝えしますね!

使う道具は2つ

1.浅草アートブラシ社の毛玉とりブラシ

2.電動毛玉とりクリーナー

ふつうは、これのどちらかを使っている人が多いと思いますが、

私は、いろいろ研究した結果、

この道具を2つ駆使します(大げさw)

手順はこうです。

1.軽く電動クリーナーをかける

2.浅草アートブラシをかける

3.仕上げの電動クリーナーをかける

1.軽く電動クリーナーをかける

まず、電動クリーナーで、大きな毛玉をざっくり取り除きます。

2.浅草アートブラシをかける

浅草アートブラシで細かい毛玉を取り除きます。

この時、生地の表面を滑らせるような軽いタッチで行います。

強くこすってしまうと、生地本体をひいてしまうので優しくです。

3.仕上げの電動クリーナーをかける

先ほど浅草アートブラシで毛羽立たせたのですが、

余分な毛羽立ちを電動クリーナーでカットします。

これを行うことによって、次に着た時に毛玉になりにくくなります。

ものによっては、この↓仕上げのブラシで毛並みを整えておきます。

これがすごく楽しい!

私は、こういう何かが綺麗になっていく作業が好きで、

時間の許す限りやってしまうので、

ほどほどに止めるようにしています(笑)

浅草アートブラシは友達に教えてもらったのですが、

ブラシのみの使用だと、毛羽立ちが増えて、

次に着用したときに、さらに毛玉になりやすくなる。。。

という失敗がありました。

もしかしたら、毛羽立ちは電動クーリーナーでカットすれば

この問題は解消されるかも!と思って、

やってみたら上手くいったので、

最近はこのやり方でお手入れしています。

頻繁に着る、お気に入りのニットほど毛玉になりやすいんですよね。

それと、ニットを着たら、お気に入りでも3~4日は、

お休みをあげてください。

続けてきちゃうと、毛玉ができやすいので。

ご参考までに、下記ページのリンクを貼っておきますね。

浅草アートブラシ

毛玉取りのおすすめ人気ランキング25選【2019年最新版】