骨格診断で似合う服に出会う

「この服、本当に自分に似合ってるかな?」

そんな風に思ったことがある方は、骨格診断してみませんか?

骨格診断では、3つのタイプに分類されます。

下記のサイトで、質問に答えていくと、

自分のタイプがわかるようになっているので、ぜひ、試してみて下さい。

https://www.fashion.or.jp/stylecheck/

ちなみに、私はストレートタイプでした。

おそらく、必ずくっきり一つのタイプに分類されるという事ではなく、

似合うものも、2種類のタイプに渡るのではないのかな、と思います。

まあ、これは骨格診断アドバイザーではない、素人の個人的見解ですが。

タイプ別にトップスを分類してみました。

あまり骨格診断に縛られすぎると、お洒落を楽しむことも半減しそうなので、

一応知っておいて、迷ったときは参考にするという程度でいいのかな、と思います。

現在発売中のトップスで、タイプ別おすすめアイテムをピックアップしてみました。

 

◆ストレート

すっきりシンプルなファッションが似合う。

厚みを感じさせる グラマラスな メリハリボディ。

全体的に立体感があり、筋肉も感じさせるメリハリのあるボディを持っている。

どちらかというと上重心。肌に弾力とハリがあるのも特徴。

【ファッションスタイル 「シック」「クラス感」】

骨格診断 ストレートタイプの特徴は「上重心」「グラマラス」「メリハリボディ」がキーワード。

ハリのある質感を持っているので、身につけるものも厚みがあり、ハリのある質感で、シンプルなデザインをセレクト。

正統・高品質を意識したクラス感のあるコーディネートを心がける。

また、引き算スタイルが得意なので、過度な装飾は避けてシックにまとめたい。

【ストレートおすすめアイテム】

パイピングバイカラーブラウス

ローブ Vノーカラードルマンジャケット

Vネックコーディガン

 

◆ウェーブ

華やか・ソフトなファッションが似合う。

華奢で厚みがなく 柔らかな曲線のボディ。

体はうすく、華奢。やわらかな曲線を描くボディが特徴。

どちらかというと下重心。肌は筋肉よりも脂肪を感じさせるソフトな質感です。

【ファッションスタイル 「ソフト」「華やか」】

「下重心」「華奢」「やわらかな曲線」がキーワード。やわらかな質感をもっているので、

身につけるものも薄手でやわらかな質感、装飾のあるデザインをセレクト。

また、足し算スタイルが必須なので寂しい印象にならないよう、アクセサリーやヘアスタイルも含め、

ソフトで華やかさを意識したコーディネートを心がける。

【ウェーブおすすめアイテム】

ベルスクローゼット フレアスリーブシンプルカットソー

スパイラルフリル袖ブラウス

袖フリル五分袖リバティブラウス

 

◆ナチュラル

ゆったり、カジュアルなファッションが似合う。

フレーム感のある スタイリッシュボディ。

筋肉や脂肪があまり感じられない、スタイリッシュなボディを持っています。

骨が太く大きく、関節も目立ちます。全体的に四角形のようなフレーム感があります。

【ファッションスタイル 「ラフ」「カジュアル」】

ナチュラルタイプの特徴は「フレームがしっかりしている」「スタイリッシュなライン」がキーワード。

肉感的なものを感じさせず骨組みがしっかりしているので和装より洋装の方が似合っている。

モード系ファッションモデルに多いタイプ。

ドライな質感や、洗いざらしなどの風合いのある質感で、ゆったりしたデザインをセレクト。

ラフ・カジュアルを意識した大人カジュアルなコーディネートを心がける。

【ナチュラルおすすめアイテム】

ルイシャンタン リネン100%リバティプリント 半袖ブラウス

ルイシャンタン洗いざらしコットンビッグシルエット長袖シャツ

ルイシャンタン リネン100%チュニックブラウス

一般社団法人
骨格診断ファッション
アナリスト認定協会ホームページより参照